読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac Book Air に変えて思ったこと

MBAWindows以外のOSはほとんど触ったことがなかったのですが、先日MacBookAir(MBA)を購入しました。以前はThinkPadを使用していたのですが、キーボードが壊れたこともあり、我が家のサーバとなることに…。

ようやっとアプリケーションのインストールが終わって、本格的に使い始める段階になりました。外に持ち出したり、周辺機器をつないだりしたわけではないですが、開発環境として、またプライベートなパソコン環境として使用できるようになりました。

せっかくですので、それなりに使ってみた感想をまとめます。(購入してから1週間たっていませんが、、、)

いいところ

  • 画面やフォントがとてもきれいで、アニメーションが随所にあって感心してしまう これはWindowsと決定的に違う点だとお思いますが、通知領域からポッという効果音とともに表示されるバルーンなどが正直いけてないなぁと思ってしまうようになりました。メニュー画面なども最初は戸惑いましたが、これはこれでとてもわかりやすいです。
  • マウスを使う理由がないくらいタッチパッドが便利 二本指で上下スクロールや三本指でワークスペースの切り替えなど、これまで使ってきたどのノートパソコンよりもタッチパッドが素敵です。ノートパソコンのタッチパッドってマウスがないときに仕方なしに使っていたのですが、MBAでは、マウスを使う理由がなくなりました。
  • 起動がとても速くて前回の画面が再現されている WindowsUpdateやソフトウェアをインストールしたときに何が一番いやだったかというと再起動に時間がかかり、そしてたくさん開いた開発環境やフォルダを再度開き直す必要があったことです。MBAに変えてからそんなことはしなくてよくなりました。常に前回自分が使用していた画面がワークスペースとして再現されています。

だめなところ

  • Windowsのアプリが使えない ShurikenというメールソフトやVisualStudioという統合開発環境、その他これまで愛用してきたソフトウェアが全く使えなくなりました。
  • ショートカットキーがよくわからない ショートカットキーを表す記号さえよくわからないです(T.T)(でも、Appleのサイトにはショートカットキーの説明がありますね。)
こうしてみると、だめなところはMBAを使う上で避けて通れない問題や時間とともに解決される問題ばかりです。
以前の私もそうだったのですが、このようなApple贔屓なエントリーを書くと素直には受け入れられないと思います。もちろんWindowsパソコンにも良さはあります。最近私がWindowsアプリを作らなくなったからMBAへ移行できることも事実です。
しかし、純粋にノートパソコンというくくりでとらえたとしてもMBAは購入して損はないと思います。うまくいえないのですが、これからは今まで困ったことに悩まなくていいんだという安心感や喜びがあります。どこかのブログで読んだ「Appleとおもてなし」について今は納得することができます。MBAはすばらしいノートパソコンだと思います。一度店頭などで触ってみることをおすすめします!