読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SQL ServerのID列に明示的な値を追加する

C# SQL Server Tips

EntityFrameworkを利用しているとSQL ServerでもID列を利用することが多いのですが、モデルを変更時にデータを再登録しなければならないときはちょっと面倒です。

Railsの場合、テーブルスキーマに対応するモデルの変更があった場合もデータを保持してくれるマイグレーション機能があるのですが、EF4.1ではマイグレーション機能はありません。つまりデータを再度登録し直す必要が出てきます。

…とここまで書いて気づいたのですが、EF4.3が2012年2月にリリースされていた模様。忙しさにかまけて情報を追いかけていませんでした。

EF4.3 Released
http://blogs.msdn.com/b/adonet/archive/2012/02/09/ef-4-3-released.aspx

今更感もありますが、せっかくの情報なので残しておきます。SQL Server2008R2でID列を利用したデータを登録する場合、そのまま登録しようとするとエラーになります。そこで、”SET IDENTITY_INSERT ・・・ ON”句を追加することでID列に任意の値を設定できるようになります。

   1:  SET IDENTITY_INSERT dbo.Tool ON

.csharpcode, .csharpcode pre { font-size: small; color: black; font-family: consolas, "Courier New", courier, monospace; background-color: #ffffff; /white-space: pre;/ } .csharpcode pre { margin: 0em; } .csharpcode .rem { color: #008000; } .csharpcode .kwrd { color: #0000ff; } .csharpcode .str { color: #006080; } .csharpcode .op { color: #0000c0; } .csharpcode .preproc { color: #cc6633; } .csharpcode .asp { background-color: #ffff00; } .csharpcode .html { color: #800000; } .csharpcode .attr { color: #ff0000; } .csharpcode .alt { background-color: #f4f4f4; width: 100%; margin: 0em; } .csharpcode .lnum { color: #606060; }

 

上記の場合、ToolテーブルのID列に任意の値を設定できるようになります。

SET IDENTITY_INSERT (Transact-SQL)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms188059(v=sql.105).aspx

さて、EF4.3をインストールしてみますか…。