読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mavenのsettings.xmlについて

settings.xmlとは

setting.xmlとはmavenが実行する各処理のデフォルト設定を行うファイルです。このファイルには以下の内容を含めることが可能です。

<settings xmlns="http://maven.apache.org/SETTINGS/1.0.0"
      xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
      xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/SETTINGS/1.0.0
                          http://maven.apache.org/xsd/settings-1.0.0.xsd">
      <localRepository/>
      <interactiveMode/>
      <usePluginRegistry/>
      <offline/>
      <pluginGroups/>
      <servers/>
      <mirrors/>
      <proxies/>
      <profiles/>
      <activeProfiles/>
    </settings>

保存先

保存先は以下の通りとなります。

  • ユーザーに関係なく設定を保存する場合は $M2_HOME/conf/settings.xml に保存します。
  • ユーザー毎に設定を保存する場合は ${user.home}/.m2/settings.xml に保存します。

Jenkinsでの保存先

Jenkinsを利用している場合にsetting.xmlを保存する時には JENKINS_HOME に作成される .m2 ディレクトリに保存します。 JENKINS_HOME が不明な場合は、以下の内容をJenkinsのジョブにのシェルに設定すればパスを表示できます。

echo ${JENKINS_HOME}
# => 初期設定では /var/lib/jenkins