読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWSでの環境構築 - Subnetを作成する(2/7)

こんにちは。beaglesoftの真鍋です。

前回に引き続きVPCにEC2のインスタンスを作成するための手順を確認します。今回はSubnetの作成です。

前提

このエントリーはAmazon Web Services パターン別構築・運用ガイド を参考にAWS CLIを利用して以下の環境を構築したときの履歴です。

AWS-VPC.png (61.7 kB)

設定を行うためには、IAMアカウント作成など予めAWSを利用する設定が行われていることを前提としています。

Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド

Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド

Subnetの作成

すでに作成済みのVPCにサブネットを作成します。

パラメーター情報

Subnetの作成では以下のパラメータを設定します。

パラメータ名
Name tag
VPC ID vpc-6a97c20f
Availability Zone ap-northeast-1a
CIDR block 10.0.0.0/24
Auto-assign Public IP NO

CLIによる実行

AWS CLIにより設定を行います。

╭─ymanabe@Yoichiro-no-MacBook-Pro  ~/aws_work ‹2.2.4›
╰─$ aws ec2 describe-vpcs                                                                                                                                                      255 ↵
{
    "Vpcs": [
        {
            "VpcId": "vpc-6a97c20f",
            "InstanceTenancy": "default",
            "State": "available",
            "DhcpOptionsId": "dopt-1d18de78",
            "CidrBlock": "10.0.0.0/16",
            "IsDefault": false
        },
        {
            "VpcId": "vpc-30b72f55",
            "InstanceTenancy": "default",
            "State": "available",
            "DhcpOptionsId": "dopt-1d18de78",
            "CidrBlock": "172.31.0.0/16",
            "IsDefault": true
        }
    ]
}

╭─ymanabe@Yoichiro-no-MacBook-Pro  ~/aws_work ‹2.2.4›
╰─$ aws ec2 create-subnet --vpc-id vpc-6a97c20f --availability-zone ap-northeast-1a --cidr-block 10.0.0.0/24
{
    "Subnet": {
        "VpcId": "vpc-6a97c20f",
        "CidrBlock": "10.0.0.0/24",
        "State": "pending",
        "AvailabilityZone": "ap-northeast-1a",
        "SubnetId": "subnet-5282b225",
        "AvailableIpAddressCount": 251
    }
}

作成されたSubnetの確認

作成されたSubnetの情報は以下のとおり確認できます。

╭─ymanabe@Yoichiro-no-MacBook-Pro  ~/aws_work ‹2.2.4›
╰─$ aws ec2 describe-subnets --filters "Name=vpc-id,Values=vpc-6a97c20f"                                                                                                       255 ↵
{
    "Subnets": [
        {
            "VpcId": "vpc-6a97c20f",
            "CidrBlock": "10.0.0.0/24",
            "MapPublicIpOnLaunch": false,
            "DefaultForAz": false,
            "State": "available",
            "AvailabilityZone": "ap-northeast-1a",
            "SubnetId": "subnet-5282b225",
            "AvailableIpAddressCount": 251
        }
    ]
}

以上でVPC内にSubnetが作成できました。次はRouteTableの作成になります。

blog.beaglesoft.net

AWSでの環境構築のエントリー全体

AWSでの環境構築は全体で7回に分かれています。このエントリーは4回めになります。

blog.beaglesoft.net

blog.beaglesoft.net

blog.beaglesoft.net

blog.beaglesoft.net

blog.beaglesoft.net

blog.beaglesoft.net

blog.beaglesoft.net